BC TREE vol.4 「CROCE CROSS テンセルカシミヤシルク」

BC TREE vol.4 「CROCE CROSS テンセルカシミヤシルク」

→ BC TREE vol.1 「CROCE CROSS 超軽量ウールジャージー」
→ BC TREE vol.2 「CROCE CROSS ほんわか・極上カシミヤ」
→ BC TREE vol.3 「no.nu シープスキンスエードストール」
→ BC TREE vol.5 「CROCE CROSS ハイソフトコットン」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Concierge A:
本日はCROCE CROSS デザイナー、ヤマグチフミエさんにお越し頂きました。
ヤマグチさん、早くも3回目の対談ですね(笑)。

ヤマグチ:
はい(笑)。宜しくお願いします。

Concierge A:
今回はCROCE CROSSの定番、テンセルカシミヤシルクのフライス素材についてお話を伺わせてください。
vol.1 超軽量ウールジャージー、vol.2 ほんわか・極上カシミヤと、秋冬の素材からお話を伺いましたが、本来、CROCE CROSSの原点はこのテンセルカシミヤシルクですよね?

ヤマグチ:
えぇ。CROCE CROSSは2010年の秋冬に、テンセルカシミヤシルクのフライスたった1素材、5型からスタートしました。

Concierge O:
1素材、5型、本当に厳選されてのブランド立ち上げだったのですね。
業界では素材フェチと名高いヤマグチさんが、どうしてこの素材を選ばれたんですか?

ヤマグチ:
ファーストタッチで、コレ!って思ったんです。
長年、本当に数多くの素材に触れてきましたが、この素材は触った瞬間に使いたいー!!って
デザイナー魂に火がつくというか、本当に即決だったんですよ。

Concierge A:
そうなんですね。長年の経験に基づく直感は間違いないはず!!!
私は、ヤマグチさんが素材を選ぶ際に同席させて頂いたことがあるのですが、
本当に早いですよね。ハンガーにかけられていたり、積み上げられていたりと、
毎シーズン生地メーカーからたくさんの素材提案があるのですが、
ヤマグチさんの指が止まるのは本当に本当にごくごく一部の素材のみ。
片っ端からどんどん却下されてますよね(笑)。

ヤマグチ:
バッサリ(笑)!微妙なタッチの差が、製品になった時に大きな違いになるってことを、良くも悪くも長年経験してきましたからね。
どんなにステキな素材でもいわゆる『生地美人』、生地の段階では良いけれど、
製品になるとイマイチ・・・という残念な素材もたくさんありますから。

Concierge O:
なるほど。たくさんの素材の中から選んだこの素材、コレって思われた理由をもう少しお聞かせ頂けますか?

ヤマグチ:
はい。この素材感は、自分が作りたいと思うデザインに活かせるかなって、すぐにデザインが頭に浮かんできたんです。
同じテンセルカシミヤシルクの素材で天竺という選択肢もありましたが、CROCE CROSSではフライスを選びました。
一般的にフライス編みって横方向に伸縮性があるので、細みのシルエットでも、ソフトに肌を包み込むようなフィット感に仕上がりやすいんです。
そしてこの素材は、落ち感もあって、ドレープも綺麗に出そうでしたので!
そんな素材の特徴を最大限に引き出した、細みのシルエットのベーシックなUネックの長袖プルオーバー(PLATINO)と、
縦のラインのドレープが美しい、定番のカーディガン(DIAMANTE)、ジレ(PERLA)などを作りました。
特にこの3型はブランド立ち上げからずっと継続している人気モデルです。


PLATINO/030(オフホワイト)

DIAMANTE/810(ブルー)

PERLA/930(チャコールグレー)

Concierge A:
確かに触ると本当に軽くて気持ちよいですし、綺麗なドレープが目を引きますね。
この定番のカーディガンのことを『羽衣カーデ』と名づけられた女性誌もありましたよね?

ヤマグチ:
えぇ。私も素材感には絶対的な自信がありました。ですから次は、商品としてどうなのかということをすぐに検討したんです。
デリケートな素材と思われがちですが、生地試験の結果、自宅で手洗いしても大丈夫だということわかりホッとしました。
CROCE CROSSでは上質素材にこだわったリアルクローズを提案したいとずっと思ってきましたので、
この素材なら、そんな想いを込めてブランドとして最初に世に出したら、喜んでいただけるのではと思ったんです。

Concierge A:
そうすると、次はプライス?どんなに良いモノでも、高すぎるのはね・・・。

ヤマグチ:
えぇ、そのとおりです。
元々、CROCE CROSSをスタートすると決めた時には、このプライスでこのクオリティ!と思って頂ける良い商品を作りたかったんです。
ですからこの素材のシリーズは少々厳しいのですが、商品価格(税抜)を14,000円〜20,000円くらいの間におさえています。
ただ、この素材、肌触りは抜群ですが透け感があるので、着られる方は少し選ぶかも・・・・・そんなことも実は頭をよぎりました。
でも、インポートを着慣れた方であれば、この素材の価値観をわかって下さるのではと思ったんです。
小さくても必ず需要のあるマーケットで、喜んでいただける商品を提供することを突き詰めたいと思いました。

Concierge O:
そうやって、アイテム数も、ターゲットとされるお客様もかなり絞り込まれてのスタートだったのですね。
私もたくさんのブランド、コレクションを見てきましたが、この素材を使ったら、大手さんではこのプライスでは出せないのでは?

ヤマグチ:
そうですね。あるメゾンで使われているとは伺いましたが、難しいでしょうね。

Concierge A:
なるほど。原価的に少々厳しいものではあるようですが、それでもずっと継続されているこの素材は、
CROCE CROSSさんらしいニュアンスカラーが揃っていますよね。

ヤマグチ:
はい。新色を出す際には、微妙なトーンの違いで何パターンかの色サンプルを作ってもらい、その中から厳選しています。
ちょっとした違いなのですが、その違いが製品になった時にでてしまいますからね。

Concierge O:
コレクションの中には、実際に横に並べて比べてみないと違いがわかりにくいカラーもありますよね。
こだわりをもってやっていらっしゃるのがよくわかります。
この2015春夏は、ニュアンスカラーに加えてキレイなミントやブルーも目をひきますね。

ヤマグチ:
えぇ。やはり春夏はキレイな色がないとね(笑)。
着られる方がその素材感に癒され、明るい色を着ることによって気持ちが前向きになって下さったら何よりです。

Concierge O:
着心地がよくって心身ともに癒される服、なかなかありそうでないですよね。
オンもオフも、どこにいてもいつでもそんな服に包まれていたいですね。

Concierge A:
それこそ日常のラグジュアリーですね。
お洋服にたくさん投資をしてこられた大人の女性がたどりつくリアルクローズ、
ヤマグチさん、これからもそんなお洋服を提案してください!
今日はどうもありがとうございました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

→ BC TREE vol.1 「CROCE CROSS 超軽量ウールジャージー」
→ BC TREE vol.2 「CROCE CROSS ほんわか・極上カシミヤ」
→ BC TREE vol.3 「no.nu シープスキンスエードストール」
→ BC TREE vol.5 「CROCE CROSS ハイソフトコットン」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


CROCE CROSS テンセルカシミヤシルク 商品一覧はこちら↓↓↓

TOP > BC TREE vol.4 「CROCE CROSS テンセルカシミヤシルク」

全45件

ページトップへ